RSS | ATOM | けんさく
キーボード・ハーモニー3点セット(^_-)-☆
キーボード・ハーモニーというのは、鍵盤を使って和声を勉強しようというものです
・・・いや、即興演奏、伴奏付けの勉強と位置づけておられる方もおられますが

キーボードを使ったハーモニーの勉強。

という意味で、オススメ(というか私が授業で使っていた本)をご紹介します。

その1:はじめてのソルフェージュ(5) キーボード・ハーモニー

I-V-I からはじめてだんだん使う和音を増やしていきます。
調も、ハ長調からはじめて、調号を増やしていきます。
和音記号は芸大和声のものを使っています。
コードネームのカンタンな説明も入っています。
よくしられた曲を中心に譜例も豊富で、楽しく学習できます(〃'▽'〃)

和音記号を見ていろんな調で弾けるようになれば、移調なども楽に出来るようになる・・・・はずです(^_-)-☆

コードネームや和音記号が書いてあれば、それなりに伴奏がつけられるようになる!
和声の授業で勉強していることが、鍵盤上でも確認できる!

というのが、売りです。

コードネームといっても、ジャズの人が使うような複雑なものではなく、基本的なものだけですが、楽典で勉強する「和音の種類」と結びつけて覚えておくと便利です。

で、コードネームやら和音記号やらを見て弾く練習として使っていた副教材が次の2冊です。

コードネーム付 新曲視唱

その名の通り、コードネームが全部の曲に書いてあります。
歌う音程は、2度・3度からだんだん広く&複雑にしていき
使う和音も、長三和音、短三和音、属七の和音・・・・と段階的に増えていきます。

もうひとつは

和声感を育む視唱

和音記号を見て弾けるようになっています。
実際の楽曲で、その和音を使っている例なども載っています。

この3冊でとりあえず、和音記号やコードネームを見て弾けるようになるので、新しいメロディーを見ても、ちょちょいとコードネームなりなんなりを書き込んでおけば、自分なりの伴奏ができるようになる

というのが目標でした。

あとはまぁ、楽典や「明解 和声法」で使っているような、六の和音とか四六とか、の書き方を理解すれば、数字付き低音からリアリゼーションするのもそこそこできる・・・・はず(〃'▽'〃)

あ、「はじめてのソルフェージュ (5) キーボードハーモニー」で勉強しただけ、という人が、音大に入学した時の和声のクラス分けの試験でいちばん上のクラスにはいっちゃった、ってこともありましたから、かなりわかりやすい本なのではないかと思います。

この3冊、個人的には、イチオシ!です。

重版されますように(-人-)

Autorin:Joe, Kategorie:和声・キーハ, 09.12.2012 18:53 JST