RSS | ATOM | けんさく
和声 入門ワーク
林達也先生(実は学部同期なんですが)の和声の教科書が出たところですが、
いわゆる赤本にすすむ前の段階をカバーする和声の本が出ていました。


佐怒賀 悦子先生はソルフェージュ科の大先輩です。
期待できそう。ポチりました。

# 4/25 追記:解答も載っていて、自習用によさそうです。
記号は I, V, IV に6とか四六とかついてるアレです。
楽典と和声を結びつける感じで、わかりやすいと思います。
個人的にはオススメ(^_-)-☆
Autorin:Joe, Kategorie:和声・キーハ, 20.04.2015 20:16 JST
新しい和声 by 林達也准教授が4月に出るそうだ
まだ Amazon には出てないので、出版社のページへのリンクを貼りますね

林達也著 新しい和声

◎本書の特徴
・従来の和声教本で習得しなければならなかった日本独自の複雑な記号体系を排し、世界標準として広く使用されている伝統的な数字付き低音を採用。
・繰り返し演奏・聴取に耐えるすぐれた課題を多数収載。美しい音響を聴き取るための聴覚的訓練と歴史的な和声理論の統合をめざした。
・初歩の学習から作曲の専門的なレベルまでに必要なすべての課程を1冊に収載。
・巻末に課題の実施範例集を併載。


これは〜
画期的かもしれません。

いわゆる芸大和声のあの記号をやめる?
芸大・芸高で採用?

ほほ〜

今年から和声の授業ががらっと変わる、ということですね。
これは出たら買います、わたし。

朝日カルチャーセンター(新宿)で5月に出版記念講座もあるそうです。

Amazon で買えるようになったらリンク貼りますね(^_-)-☆

# 4/20 追記:発売で〜す



# 4/25 追記:来ました。印刷が小さいです(T^T)
課題には模範解答もついています、が、「練習」の部分こそ解答が欲しい〜〜〜
数字付き低音なので、今まで芸大和声でやってた人はしばらくとまどうかも。

# 2016/3/7 追記:2刷・3刷で訂正があったそうです→出版社のページ

Autorin:Joe, Kategorie:和声・キーハ, 10.03.2015 12:18 JST
バッハ様式によるコラール技法
山口先生の対位法の本に加えて!
こんなの出てました



パリ音楽院に学んだ3人の作曲家が、伝統的なコラール技法の概論と実習についてまとめた本邦初の書。作曲科受験生、学生、指導者必携。2014年(平成25年度)より東京芸術大学作曲科入試で出題されるコラール技法を学べる唯一のテキスト。


いちおうカテゴリーを「和声・キーハ」にしてみましたが、
あってるのかな???

課題は書き下ろしだそうです。

むむ、作曲の素養はないけど、欲しい気がする・・・・・

あ、ちなみに今日は山口先生のお誕生日のようです(^_-)-☆
おめでとうございますm(__)m

著者もすごいので、買っちゃおうかな。
Autorin:Joe, Kategorie:和声・キーハ, 01.02.2014 17:20 JST